剣道部OB会報告

10月19日(土曜日)に第六回麗高剣道部OB会(会長:炭崎清太郎30期)を開催しました。
2年に一度開催する本OB会は、卒業生と在校生、並びに歴代の指導者が竹刀を交える「親睦稽古会」と、剣道から遠ざかっている卒業生も参加して旧交を温める「親睦会」から成っています。
今回の「親睦稽古会」ではまず10名の卒業生が高校生と稽古を行い、その後記念撮影をはさみ、卒業生同士総当たりの稽古を実施しました。生涯長く続けられる剣道の特性もあり、20代から70代という幅の広い年齢層の卒業生が、在校生と1つの部活動の時間を共有できることが本会の特徴です。
「親睦会」は、稽古後に駆け付けた卒業生も加えて総勢22名(28期~73期)で、“れいたくカフェ”において行われました。恩師の黒臼先生、顧問の石野先生にもご参加いただき、近況報告や懐かしい思い出話で大いに盛り上がりました。最年長の卒業生は28期で、ご自身の体験をお話くださり、往年の剣道部について拝聴する貴重な機会となりました。
 今回は、前回までと比べて人数的に小規模な開催となりましたが、久々の出席、初参加の卒業生もいて新鮮な感動がありました。
 最後に、ご指導くださいました先生方、お付き合いいただいた麗高剣道部の皆様、様々教えて頂きました“れいこう麗澤会事務局”の皆様に感謝申し上げます。
麗澤高校OB会事務局 山﨑聡(68期) 草野元郁(69期) ※次回の幹事も担当します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です