45期 大阪で同窓会

平成10年・10月・10日、麗澤全期別合同大同窓会開催から17年目の同じ日に、現在放送中の朝ドラ「あさが来た」の舞台、大阪 難波にて、我45期期別同窓会を、竹政・上平両先生(スーパーゴールデンコンビ)お揃いの元、28名の参加を頂き、盛大に開催させて頂きました。浪花と言えば、懐石料理よりも「粉もん」が似合う庶民の味「お好み焼き・たこ焼き、くれおーる」のフルコース宴会で幕を開け、2次会は、地元芸能人のみならず、海外からのVIPもお忍びで来店する、「ビフカツサンド」がメチャ旨いカフェバー、ガルリで中締め、それに飽きたらず、カラオケスナックに、まだまだ秋の夜は長いとばかりに、呑み助・話好き男児8名は、朝方4時まで難波の街を徘徊していました。

2年前に学園で50歳同窓会を開催した時同様、我が同期は、どいつもこいつも気取る所が無く、プライドを感じさせない、今すぐにでも寮生活にタイムスリップ出来る輩ばかり、しかしながら、現在は社長業・役員クラスを担っている連中も数多く、その彼等が共通する考え方・実践は、麗澤で教わった「慈悲心・率先垂範」でした。

恩師の両先生も、処分者やヤンチャ坊主の当期生を心から受け入れて頂き、「昔の女子生徒?」とは、麗澤魂に花が咲いていたように見受けられました。

次回、同窓会は、この度、愛知県教育委員会が絶賛する新任教頭先生となった、渡辺康雄氏にバトンを渡し、2年後の開催を約束、麗澤への「恩返し」を誓ってめでたく余韻の内にお開きとなりました。(福田靖久・記)

45期同窓会写真 道頓堀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です