43期 ホームカミング同窓会

私たち高校32期(麗高43期)生は、卒業30周年を迎え、ホームカミングデーへのご招待をいただきました。
 ホームカミングに先立ち 、3月2日に、東京・八重洲のカジュアルレストラン「Chez DAIDO」にて同窓会を開催。本年3月末で退官を迎えられた幸史隆先生を瑞浪から、また千頭平八先生を徳島よりお迎えし、46名が集結しました。当日の企画・MCは西村統行君が担当。懐かしのアルバムから抽出された写真と事前のアンケートによって集められた「自分にとっての麗高で過ごした3年間は?」の一言を編集したDVDが放映されるなど、準備された食事に手をつける暇もないほど濃厚な時間を過ごすことができました。
 ホームカミングデーの3月3日は、34名が62期生の卒業式と記念会食に参列しました。卒業式では、来賓を代表して関西国際空港管制官である水本小春(旧姓:小野)さんが、Take Offする18才の卒業生の心だけでなく、48才の同期生全員の「人生折り返しロケット」に火を点ける素晴らしい祝辞を述べてくれました。このような素晴らしい機会をくださった麗澤会の皆さまに感謝いたします。
 次回は、50才記念の同窓会を関西で開催いたします。関西地区の皆さん、宜しくお願いします。(堀 高士・記)
126

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です