32期 道後温泉でパワーアップ

麗澤会 32 期卒業生は、 平成25 年 11月 17 ~ 18日に、四国松山道後温泉で、男性 16 名、女性16 名が集い、パワーアップ同窓会を開催しました。日本最古の温泉に浸かり心を癒し、技(肌)を磨き、同期生との交流で英気をもらうという、「心技体のパワーアップ」同窓会です。
増田清和君の司会で始まった懇親会では、まず、浅野雅三君から、恩師と同期生の近況報告があり、続いて亡くなられた先生方へ黙とうをささげました。松浪進君のパワーあふれる発声の乾杯で開宴し、廣池幹堂君とご当地出身の久戸(佐藤)美知代さんの楽しく温かいスピーチで、出席できなかった同期生のことにも思いをはせました。
続いて、参加者一人一人が近況報告をしましたが、仕事の話、健康の話、孫の話、介護の話、出席できなかった同期生の近況など様々でしたが、参加者からは共感の拍手が送られていました。
そうして、締めはもちろん肩を組んでの『暁鐘』。声高らかに歌いました。
このあと、場所を替えて、稲津邦夫君の華麗なサックス演奏で二次会が始まり、飲む、しゃべる、歌うを堪能しました。更に、三次会。時の経つのを忘れてしまいました。
翌日は、早朝に道後温泉本館やホテル内で思い思いに朝風呂を楽しんだ後、仕事に戻る人、高知へ足を伸ばす人たちと別れて、一行は市内観光に出かけ、四国88ヶ所51番札所石手寺、伊丹十三記念館を回り、砥部焼観光センター「炎の里」で素焼きの器に絵付けを行いました。いい記念品になったでしょうか。
次回の同窓会は、懇親会の中で招致合戦があり、平成26年7月25日、大阪市で開催することになりました。大阪の皆さん、よろしくお願いします。
                         (幹事 佐賀山誠 記) 

 写真:麗澤会32期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です