31期近江八幡で同窓会

2月1日土曜われら第31期生は近江商人のふるさと、滋賀県近江八幡に集合しました 早瀬先生、北村先生を当初はお招きするはずでしたが、たいへん残念ながら両先生とも直前の喫緊の用事にて出席され得ませんでした しかしながら小林研一君ら京都グループの献身的な活躍のお陰で46名(男子28名・女子18名)もの同期生が大挙して集まりました 宴会では岡部道夫君の流暢な司会で初めに物故者(8名男子)の黙祷から開始して、和気藹藹として近況報告に進みました 卒業(昭43年)以来はじめて会う人もおり、遠方は田中敏滋(北海道)稲葉(久野)五十鈴、田中(藤井)美紀、濱崎(富成)久美子(すべて九州)でした かつての寮生活3年間に思いを馳せ、寮歌「暁鐘」を大合唱して大盛会でした 2次会3次会はカラオケ・ダンスや謡曲を交えて旧交を更に温めました 時間の経つのを忘れて深夜まで飲んでいた人もいたようです 麗沢の仲間は直ぐ、あの頃にタイム・スリップできるから、ほんとうに幸せです

翌日はその内の34名で市内観光です 旧西川家住宅、歴史民俗資料館などを見学、往時の近江商人の生活ぶりを偲びました そして町並み散策後ロープウェーにて八幡山(標高271m)へ、豊臣秀次が築いた八幡山城跡に若き秀次の息吹を感じました 下山後は日牟禮八幡宮を参拝してから昼食、近江牛のすき焼きに皆舌鼓を打ちました その後屋形舟にて八幡堀めぐりをしてからショッピング、次回の再会を期して散会いたしました 今回残念ながら参加できなかった君、次回(平成30年・卒業50周年)はきっと再会いたしましょう!(佐野忠信・記)31期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です