24期 同窓会報告

麗澤24期は毎年同窓会を実施しています。今年度は徳島の高木君に幹事を、今治の松本さんに幹事(補佐)をお願いしました。5月23日(火)AM11:00にJR予讃線宇多津駅に集合し、男性10名・女性9名が貸切バスに乗車、一泊二日四国の旅がスタートしました。参加メンバーが次第に固定化の傾向にある中で、新開・平村両名が久方ぶりの参加となり、代表幹事としては大喜び。毎年参加してくれる皆様には心よりお礼申し上げます。
昼食後、猪ノ鼻峠を超え大歩危峡観光遊覧船で、しばし自然の造形美を堪能しました。かずら橋ではワイヤーに掴まりながら恐るおそる渡る人が多い中、一人すたすた歩いて対岸でカメラを構える板津君には感服するばかりです。仲間のへっぴり腰姿を写すのが狙いだったとは・・・。琴平の琴参閣に到着し、温泉・宴会・二次会はいつも通りの同窓会。翌朝の出発が早いため23時過ぎには解散。
早めに朝食を済ませ7:40にホテルを出発し、75番札所善通寺と1番札所霊山寺を参拝し、ルネッサンスリゾートナルトで昼食、鳴門にある陶板名画美術館「大塚国際美術館」をゆっくり見学。イタリア・バチカン市国のヴァチカン美術館のミケランジェロによるシスティーナ礼拝堂の天井画を思い起こす素晴らしい陶板名画には感動いたしました。興奮冷めやらぬ中バスでJR宇多津駅に戻り、仲間と別れ帰途に着きました。
一泊二日の旅でしたが、思い出の多い同窓会となりました。(藤田眞次・記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です