麗高17期同窓会

平成26年4月8、9日、二年振りの同窓会を近江湖北で開催いたしました。今回は参加者十三名でした。傘寿にも近づくと連合いともに元気なのが稀な年齢になりました。参加の十三人は大半が金婚式を済ませ、夫婦とも元気な幸せ者ばかりです。

湖北の観音様は、素晴らしい観音像が多々ありますが、とりわけ渡岸寺の国宝十一面観世音菩薩像は井上靖激賞の観音さまで、めったに見られない背面の暴悪大笑相は一見の価値がありました。また、ちょうど桜満開の時期で、京都疎水の桜、彦根城の夜桜、長浜豊公園の桜など名所のハシゴでした。中でも彦根城の夜桜はお堀の鐘のような水面に煌々とライトアップされた桜が上下一対に咲きそろい、遠景のお城をバックにそれは見事なものでした。思わぬ眼福に恵まれ、寿命の延びる思いでした。

二日間、春爛漫の好天に恵まれ、観音様の慈顔、桜の精をいっぱい浴びて貴重な同窓会となりました。来年の開催も幹事が決まり、この一年元気に過ごせることを願って散会しました。(西澤晋一・記)17期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です