麗澤20期 伊勢・京都に集う

麗澤20期の20回目の同窓会は、大西進君、米津幹郎君のお世話で、伊勢参拝と京都1泊の催しとなり、延べ参加者は37名(同伴1名含む)でした。
平成21年11月23日11時15分、伊勢市駅に参集した26名は、タクシーに分乗し内宮に向かいました。天候に恵まれたことと、完成した宇治橋の渡始祭後の連休とあって内宮の混雑は予想以上。時間の余裕がないため、予定していた御神楽奉納も叶わず、正宮に辿り着くこともできなかったことは心残りでした。しかし、古希記念にと計画していたものを、麗高開校60周年記念大同窓会に参加することを優先したため、1年延期で実現できたことは喜びでした。なお、伊勢参拝の発案者である鷲津邦男君が病気のため参加できなかったことと、神宮での平癒祈願の祈りも届かず、12月9日に永眠されたことは真に寂しいかぎりです。
 神宮参拝のあと、豚捨本店「若柳」で松阪牛のすき焼き昼食に舌鼓を打ち、近鉄特急で京都に移動しました。宿のハートンホテル京都では、京都からの参加者が加わり、総勢33名で京料理の老舗「坂の上」の宴会に臨みました。続いて、ライトアップされた高台寺の紅葉観賞へと繰り出し、幻想的な古寺の夜のひと時を楽しみ、そして祇園の二次会。最後に全員で「高校3年生」を歌いましたが、奇しくもその時間に作詞者の丘灯至夫氏が他界されていたことを翌日の報道で知り、忘れられない祇園の夜になりました。
翌24日は、西本願寺の拝観と「奥丹」の湯豆腐昼食に28名が、午後は清水寺の拝観と界隈散策に20名が参加し、古都・京都の秋を満喫し、夕刻、京都駅で解散となりました。
次回は、大阪在住の有志が幹事となり、大阪で開催されます。(森川正大・記)
123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です