麗澤会25期 同窓会報告

 紅葉が美しく映える11月28日・29日、麗高14期、麗大5期・麗澤会25期の合同同窓会を開催しました。Part1は帝国ホテル・菊の間でのランチブフェ、米谷豊先生、大学の森川正大先生を迎え39名が参会、相川君企画の高級ホテルでの料理やワインを満喫しました。その後、バスで学園に移動、22期同窓会が主催された、武政校長と麗高生による「麗澤の今」を語る会に出席、しばし若かりし日の寮生活を思い出しながら感慨に浸りました。
Part2はキャンパスプラザ会員会館にて、池田裕先生、米谷豊先生に大学の谷口茂先生、田中駿平先生の恩師を含め43名が集い、秋の夜長を久しぶりに語り明かしました。なお、会の冒頭では石坂隆禮君の逝去で空席になっていた期別代表に相川修治君を推薦することを決定しました。また、再来年には彦根で再会しようと名倉(浮穴)君が手を挙げてくれました。
29日は新装なった新食堂「けやき」にて高校生たちと朝食をとり、学園の紅葉を愛でながら散会しましたが、何名かは米津君が企画した柴又帝釈天のお参りをし、鰻を食べて江戸情緒を味わうなど思い出深い2日間を過ごしました。(淡島成高・記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です