第38回麗沢18期会同窓会

第38回麗沢18期会同窓会を16名の参加を得、静岡県東伊豆稲取「稲取銀水荘」で開催しました。夕5時30分より中山高利氏の司会で開会、中島敏夫世話人の開会挨拶で総会に入り、平成26年度会計、行事報告が承認されました。来年度第39回同窓会は傘寿記念として、谷川で開催することが昨年度総会で決定していましたので、早速、日程、内容の検討に入ることにしました。菅沼謙一氏の歓迎挨拶、野々村生夫氏の乾杯挨拶で懇親会に入りました。健康管理、諸疾患、介護、夫婦、料理等、話題も転々、細やかな気遣いに溢れたスピーチに共感、驚き、涙笑い、楽しい一時でした。翌日の観光は、8時半にタクシーで出発、伊東で小休止、東伊豆の海、初秋の山あいを抜け、韮山反射炉に立ち寄りました。世界遺産の評判を受け、大型観光バスで混雑。入園は諦め周辺より見学、11時に廣池千九郎「畑毛記念館」に到着しました。施設全容が清楚にリニューアルされ、半数の方は初めての訪問で、山本幾雄館長(麗沢23期)より、論文執筆当時の博士のご様子についての講話を拝聴、感銘を新たにしました。畑毛温泉「大仙家」にて昼食休憩、来年の谷川での再会を約し散会しました。開催援助金、有効に使わせていただきました。ありがとうございました。(菅沼謙一・記)

18期201510

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です