平成29年度希望職業別講演会報告

今年度は14名の分科会講師と基調講演に44期髙野倉匡人氏をお迎えし、希望職業別講演会を行いました。

前半の分科会は事前にアンケートを取り、第一希望の分科会講師の教室に分かれて講演が行われました。講師の方々は実際の仕事道具や成果物などを見せたり、資料を作成してお話しするなど、それぞれ工夫した講義を行って下さいました。生徒たちからは「普段はなかなか聞けないような話がたくさん聞けて、将来を考える良いきっかけになった」「実際に仕事で使っている物を手に取って説明が聞けたので、すごく良い体験ができた」「実際にその仕事に就いている人から、今の業界の現状を詳しく聞けて良かった」などの感想が寄せられました。どの講師のお話も、生徒たちが自分の将来を具体的に考える、良い機会となったようです。

 

分科会でしっかりと学んだあと、高野倉氏の基調講演が行われました。小学生時代からの経験の積み重ねが、現在の仕事の成功につながった、という氏の熱くユーモラスなお話で会場は大変盛り上がり、生徒たちも笑いながらキラキラした目で演台を見つめていました。「まだ将来の目標は決まっていないが、今は自分のやりたいことを精いっぱい頑張りたい」といった感想も多く寄せられました。

今回お引き受けいただいた講師の皆さんからも「母校に恩返しができてうれしい」「自分で良ければ次回も役に立ちたい」といった麗澤ならではのお言葉を多く寄せていただき、卒業生と在校生をつなぐ素晴らしい会のお手伝いが出来たことに感動し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。スタッフ一同、来年はさらに良い会になるように頑張っていきたいと思います。

 

文責:大野佐知子 田村環(母校支援委員会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です