ニュース一覧

26期 広島・宮島同窓会報告

今年の26期同窓会は、名勝広島・宮島で9月18・19日に開催いたしました。
川村みどり先生、中山哲雄先生の恩師を迎え、23名が参加し、悪天候が続いていた中、二日間は真夏を思い出させる様な、好天に恵まれ、一年ぶり数十年振りの再会を喜び合いました。 まず広島駅にある、ソース会社が運営する、広島風お好み焼き店で、お好み焼きを調理体験。その後市内観光で、平和記念公園へ、目の前に現れたのは、人類史上最初の原子爆弾によって無残にも破壊された、通称原爆ドーム。皆はただ唖然として、原爆の恐ろしさを改めて認識させられました。
宿泊は瀬戸内海に面したホテルで、夕日でオレンジに染まった海を見ながらの宴会、そしてカラオケ大会。 翌日はホテルにある桟橋から出る、観光船で名勝宮島へ。厳島神社・大聖院を散策。昼は皆で名物の「あなご飯」を堪能し来年また元気で、開催予定地『伊勢』での再会を誓って解散となりました。(宇井邦彦・記)

第42回麗澤18期会同窓会in学園

6月2日、12名の参加を得、標記同窓会を開催しました。キャンパスプラザに集合、芸術展を鑑賞し、園内を散策し、お互いの無事を喜びました。伝統の日「感謝の集い」第2会場に着席、映像による平成の活動の推移、令和元年を迎え、これからの活動の展望に触れた廣池理事長ご挨拶に勇気を得ました。2016年傘寿記念同窓会、谷川開催の時に、今後は「伝統の日」に同窓会を開こうと決め早いもので3回目を迎えました。来年は、6月7日に開催します。オリンピック見物で上京する方は事前に日程を知らせてもらい、関東在住者とミニ同窓会を開く仕組みを企画したいと考えています。ゴルフ組の金曜日集合、土曜日プレーと疲労を考慮し、上野での夕食会を取りやめ、学園を後にしました。助成金有難うございました。

52期 ホームカミング同窓会報告

今回は卒業30周年の節目の年に当たり、麗澤高校の卒業式にホームカミングとしてご招待をいただきました。その前日にキャンパスプラザにて同窓会を開催しました。松本校長をはじめ大野冨美子先生など合計14名もの恩師をお迎えすることができ、恩師からのひと言スピーチや、思い出の写真スライド上映など、楽しいひと時となりました。恩師への記念品として52期の時田さん手作りのカービング(石鹸細工)と、洋菓子店を経営している浦田さんのお菓子をお渡しし、大変喜んでいただきました。
 翌日の3日には30年ぶりの卒業式に参列。代表の前田美佐さんから日本人として誇りを持って人生を歩んで欲しい、という素晴らしい祝辞がありました。
 今回もれいこう麗澤会からの助成金に、心より感謝申し上げます。(浜島直隆・記)

80期 成人式同窓会報告

2019年1月12日土曜日に80期卒業生同窓会を開催致しました。参加人数160名ほどという多人数の卒業生、また、恩師の方々もお忙しい中時間を作って頂き、参加して下さいました。友人との久々の再会で終始賑わい、笑顔が絶えない時間を過ごすことが出来きました。また、後半に行ったビンゴ大会では、豪華な景品も用意され、皆で盛り上がることが出来ました。
今回同窓会を開催して、様々な方の支えがあってこそ、今の自分たちがいるのだという事を再認識できました。皆それぞれ違う道を進み、勉学や仕事に励んでおります。これからも両親・恩師・母校など、身の回りの全ての人方々に感謝の気持ちを忘れることなく、麗澤卒業生ということ自覚を持ちながら胸を張って歩んでいきたいと思っております。(高橋勇人・記)

43期 同窓会報告

 43期同窓会を北陸新幹線開業から観光客が増えている北陸の山中温泉「すゞや今日楼」にて平成30年11月24日(土)、25日(日)に開催しました。前回、2016年に実施した四国(高松)同窓会での約束とおり2018年にここ北陸の地で無事開催することが出来ました。
 今回は個々のオリジナルツアーで11月の日本海の味覚「蟹」や金沢観光を楽しんでから宿に三々五々集まってきてくれる方が多く、話題に事欠く盛り上がった同窓会になりました。
 全体のオプションとして、24日の午後にガイド付きの「鶴仙渓遊歩道」(山中温泉)と25日の午前中に「那谷寺の参拝と散策」を晴天の中、時間を忘れて楽しみました。懇親会では、恩師に幸史隆先生と千頭(川田)平八先生にお越しいただき、いつになっても心に残る話をいただき幕が上がりました。この時期、北陸と言えば「蟹」・・も楽しみながら、同級生のマジックショーを皮切りに全寮世代ということで寮毎の写真などで盛り上がりました。定番のカラオケと二次会用に用意した部屋で時間が経つのを忘れて空間を占有しました。
 「2年後に和歌山で」を合言葉に、山中温泉での同窓会に幕を閉じました。(西本 整市・記)