【部活動報告 高校サッカー部】

高校サッカー部は、5月4日、8日と開催された平成28年千葉県高等学校総合体育大会ブロック予選に出場しました。
5月4日の1回戦は流山高校との対戦でしたが、相手チームの棄権により、2日前に試合がなくなるというハプニングに見舞われました。この結果により、戦わずに代表決定戦に進めることになりました。
5月8日の代表決定戦は流山南高校との対戦。流山南高校とは、この春に練習試合をしており、お互い手の内がわかり、とても難しい試合になりました。
晴天の中、前半から攻撃のリズムを作りましたが、中々ゴールを奪うことが出来ず、相手の徹底したロングボールに徐々に苦戦をしいられ、ペースを握られる展開となりましたが、守りきり、0-0で終了。
ハーフタイムで落ち着きを取り戻した麗澤は後半の序盤にキャプテン小池順也(6年)の綺麗なループシュートで先制しました。リードをして、いい流れで試合を進められると思ったのですが、相手のコーナーキックからこぼれ球を決められ同点に追いつかれてしまいました。それからの時間は厳しい時間帯が続き、相手に決定機を何本も作られましたが、GKを中心に粘り強く耐え、1-1のまま後半も終了。
延長戦はお互い勝ちたい気持ちを前面に出した攻防が続き、このままPK戦にもつれこむのかと思われた、延長後半アディショナルタイムにDFの藤原圭(6年)がゴールを奪い、劇的な勝利を掴み取りました。

1回戦   VS流山高校  棄権により不戦勝
代表決定戦 VS流山南   2-1

この結果、麗澤高校サッカー部は昨年度の新人戦に続き、5月下旬から始まる千葉県高等学校総合体育大会県大会(本大会)の切符を4年ぶりに獲得することが出来ました。
県大会では一つでも多くの試合を行えるようにチーム一丸になって頑張ります。ブロック予選当日は、多くの応援ありがとうございました。
高校サッカー部顧問 山口 亮

高校サッカー部2016

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です