ニュース

麗澤高校37期 

1年遅れの出会って半世紀」同窓会を開催

3年毎の開催がコロナの影響により1年遅れとなりましたが、令和4年5月14.日高知城下

山内容堂ゆかりの地で開催。参加者は30名(吉田先生ご夫妻含む)。高知市在住は谷1名だけ。

でも中部、関西、千葉の仲間が手助けを申し出てくれ、zoomで打合せを重ね、無事開催することができました。
 当日は物故者14名の追悼、金婚式を迎えた吉田先生ご夫妻から学園の近況や思い出をお聞きし宴が始まりました。土佐ならではのお酒、旬の鰹のタタキ、お座敷遊びの”箸拳”を楽しんで中締め、その後は部屋に別れての2次会。翌日は牧野植物園、坂本龍馬記念館を見学、15歳に戻って土佐の高知の食と歴史を満喫した、あっという間の「出会って半世紀」同窓会でした。 頼まれるのが嬉しいのが土佐人気質。みんなに満足してもらおうと考えた企画でしたが、それ以上に土佐のおもてなしの心をしっかり受け止めてくれた皆さんに感謝一杯です。

37期 谷ひろ子

新聞記事は高知新聞5月24日掲載のものです。

麗澤39期「還暦同窓会」御報告

平成29年9月2日、前回の「有馬温泉同窓会」から2年ぶり、会場はザ・クレスト柏にて、恩師10名男子33名女子33名。賑やかに和やかに麗澤39期「還暦同窓会」が開催されました。会場には大きなプロジェクターが用意され、高校3年間の思い出の写真の数々が、陽水やチューリップ等あの頃の懐かしい歌と共に次々と流されていました。お開きの前には全員で、手づくりの赤いチャンチャンコを着て笑顔で写真撮影。

そして二日目は「学園ツアー」です。先ずは私たちの時代の木造平屋の教場とは全く違う高校校舎にて竹政校長先生の授業を体験。そして女子初侵入男子寮見学。「やっぱり麗澤は【寮】よねえ。」と可愛い高校生に話しかける昔の女子高生は、初めて見る【暁鐘】の実物に感激。次は昔の大講堂に建てられた廣池博士記念講堂と博士記念館見学の後、まもなく解体予定の中央食堂で特別に昼食を頂いた後、旧別館「さくら」でまったりおしゃべり。最後は、同級生二人が眠る霊堂と学祖の墓参をさせて頂き、心からの感謝を捧げました。

卒業以来以来初めての帰園だった人もおり、感激に次ぐ感激の二日間でした。幹事の皆さん、心細やかな御準備を本当にありがとうございました。還暦を機に期別代表を岩佐賢さんに交代して頂きます。これからも、皆が元気で仲良く笑顔で会えますように、どうぞよろしくお願いいたします。誠にありがとうございました。(山沢順子・記)

活動報告

2018年10月21日
平成30年度第二回理事会開催しました
2018年4月23日
平成30年度第一回理事会開催しました
2017年5月30日
H29年度第一回理事会